Ma Petite Brocante

フランスのブロカントで訪れた街、ブロカントで見つけたお気に入り、時々美味しい物も紹介します
MENU

ブラッサイ展とフランス版お宝探偵団

昨年11月からパリ市庁舎で開催中のブラッサイの写真展 「Brassaï, Pour l'amour de Paris」 に行ってきた。

CYMERA_20140111_134723[1]

1月にも行ったのだけど、市庁舎前を通りかかったら入場のための行列がさほど長くはなかった(前回は1時間待ちだった)ので2度目の来場。





パリで活躍した好きな写真家はたくさんいるけど、ブラッサイはその中のひとり。
雨で濡れた石畳とか、夜霧の中に街灯がぽおっとさすパリの街並みだとか写真自体もちろん好きだけど、被写体である1920年代の場末なパリというこの時代にとてつもなく魅力を感じる。

CYMERA_20140111_135143[1]

パリ市庁舎では8年ほど前にも 、同じくパリを撮ったWilly Ronis(ウィリー・ロニ)の写真展を無料で開催していたし、同じマレ地区にあるヨーロッパ写真美術館も時々のぞくと良い写真展をしている。
カルナヴァレ博物館は私がいちばん好きな写真家・Eugène Atget(ウジェーヌ・アジェ)の写真をかなり収蔵していて数年毎に展覧会をやっている。





ここで話は飛んで、M6の土曜の夕方の番組で 「Un Trésor dans votre maison(アン・トレゾール・ドン・ヴォートル・メゾン/あなたの家の中のお宝)」というのがある。

images.jpg

M6の司会者と、commissaire priseurというプロの鑑定士兼オークショニアが番組に応募してきた一家を訪ね、家の中から見つけたお宝の数々について、オブジェのどこを見るべきかとか年代や歴史、サインやマークの見方なんかを説明してくれる。そして評価額をつけてオークション会場に持ち込み、実際にオークションに掛ける、という番組。





その番組内で数カ月前に出てきたお宝がコレ!

57.jpg

表紙を見た瞬間、自分が探してる写真集が出てきたのでびっくりした。
1933年に出版されたブラッサイの「Paris de Nuit 夜のパリ」という写真集。
タッシェンからも80年代だったかにブラッサイの写真集が出てるけど、やっぱり欲しいのは初版本。

あるところにはあるのだ、とあるお宅から無造作に出てきた。
しかも落札価格4000€という値段に驚き!!
希少だとは思っていたけどそんなに価値のあるものだったとは!

ブロカントで古本を漁るうちに運良く見つかればいい、スパイラルリングで綴じてあるのは珍しいから見つけ易いかも、なんて呑気に思ってたけど、これじゃあまず古書を専門に扱ってるスタンドでは全くもって手が出ない。
よほどうっかりしている一般人が他の古本と一緒に混ぜて地べたに並べてるかも、なんて希望を抱いて古本漁りに精を出すとします。

市庁舎でのエクスポジション「Brassaï Pour l'amour de Paris」は3月29日まで。入場無料。

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mapetitebrocante.blog.fc2.com/tb.php/70-3e3f7f43