Ma Petite Brocante

フランスのブロカントで訪れた街、ブロカントで見つけたお気に入りの紹介、フランス各地を訪れた旅の記録。
MENU

Vaudoy-en-Brieのブロカント・ティーカップとキャ二スター

ブログをはじめて丸1年。ブロカントの話題だけでもつのかと思っていたけど、何とか続いています。
訪問してくださる方々、ありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。

さて2014年3月16日(日)は、パリから東へまっすぐ70kmのヴォードワ・オン・ブリーのブロカントへ。
さらにひたすら東へ進むとナンシーに至る。
うちからも結構遠いけど、この小さな村、毎年掘り出し物が見つかるので春と秋、楽しみにしているのです。

blog_20140321190310ed7.jpg

人口850人くらいで、教会と役場と1軒のバーくらいしか見当たらない村へ至るすべての通りは村外からの車で溢れ、ぽかぽか陽気に誘われて人口の何倍もの人で溢れかえっていました。

田舎のブロカントの楽しいところは、一軒家ばかりなので多くのお宅が庭先と納屋を開放してオブジェを並べているので、オブジェを見つつこの庭の作りがいいとか、窓辺の鉄柵のデザインが素敵とかお宅訪問感覚なところ。





blog1.jpg

まずはDigoin&SarregueminesのMireille(ミレイユ)という名前のついたティーカップ。
濃い緑がレトロな感じで好き。
ディゴワンの花柄のデザインや色はどれも似たようなのものばかりだけど、特にこの手の絵柄は好きで買い飽きなくてきりがない。




blog3.jpg

こちらもレトロな色の組み合わせのコーヒーと紅茶用のホーローのキャ二スター。
水色と赤なんてかなりツボにはまる組み合わせ。

陶器のキャ二スターも見る度に欲しいーと心の中で叫ぶのだけど、相当おっちょこちょいな私はかなりの頻度で食器を落として割ってしまうので、陶器のキャ二スターなんて割った日には何日も眠れなくなることが分かっているので、ホーローのものにしか手を出さないことに決めている。





blog.jpg

キッチンのこの棚には一時、ヘンケルのりんご柄キャ二スターをずらっと並べていたのだけど、やっぱりホーローものが可愛い。
キッチンに入って棚を見る度にニヤッとしてしまいます。

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mapetitebrocante.blog.fc2.com/tb.php/72-b5fe008c