Ma Petite Brocante

フランスのブロカントで訪れた街、ブロカントで見つけたお気に入りの紹介、フランス各地を訪れた旅の記録。
MENU

Fontenay-Trésigny・サルグミンヌひなげし柄の皿

2014年5月8日(日)は、パリの東50㎞にあるフォントネー・トレジニーのブロカントへ。



IMG_4254.jpg

サルグミンヌの「Féria(フェリア)」という名が付いた皿を見つけました。





IMG_4256.jpg

この時季によく道端や田畑で見掛けるヒナゲシ(Coquelico コクリコ)がかなり忠実に描かれています。





IMG_4252.jpg

1918年以降に製作された刻印が入っているので、古い物なら100年近く経っていることになる。





IMG_4230.jpg

高台付き。
脚付きや高台付きの皿(特にデザートを載せるため)が欲しくて探してるのだけど、なかなか良い状態の物が見つからない。
これは完璧な状態でした。
脚が付いていると、食卓に段差が出来て見栄えも良いし、狭い場所でも皿同士が重ならなくて良い。




IMG_4229.jpg

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

みき says..."No title"
;micaさんこんにちは。
すごい綺麗なお皿ですね!こんなに状態のいいのはなかなかないですよね。私もこういうの探してるけど、まだ完ぺきなのは、もってないです。昔のお皿って雰囲気があって、今のお皿にはない手触りがあっていいですよね。今の時期、畑で咲いているコクリコもきれいですね。
2014.06.18 05:12 | URL | #- [edit]
Mica says..."No title"
みきさん、こんにちは!
この手の皿ってほんとなかなか良い状態で見つけられないですよね。
今の食器って綺麗なんだけど、プリントや磁器のテカテカ感があって苦手です。昔のはステンシルやプリントがずれてたり、かすれてたりして同じものが2つとなくて良い雰囲気がありますよね。ただ枚数がなかなか揃わないのが大変です。
2014.06.18 17:09 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mapetitebrocante.blog.fc2.com/tb.php/82-2a373ad3