Ma Petite Brocante

フランスのブロカントで訪れた街、ブロカントで見つけたお気に入りの紹介、フランス各地を訪れた旅の記録。
MENU

La Houssay-en-Brie M・アントワネットの肖像画の皿

2014年6月1日(日)、1ヶ所目は、パリの東50kmほどの所にあるラ・ウセイ・オン・ブリーという小さな街のブロカントへ。



古い家が建ち並ぶ田舎の雰囲気な街のメインストリートがブロカントの会場。
可愛い家の庭先にセンス良くオブジェが並べられていました。






ちょっと肌寒かったので、チョコレート工房の店先で販売していたショコラショーを飲みながら(毎年の楽しみ!)先に進みます。
奥の工房兼ブティックではショコラも買えます。

La Ferme au Chocolat
98A avenue du Général Leclerc
77610 La Houssaye-en-Brie




blog43.jpg

ここでは久々収穫のマリー・アントワネットの肖像がプリントされたSt-Amandの皿2枚。




blog44.jpg

一番最初のスタンドでダンボールいっぱいに王家の肖像画シリーズ(ルイ14世やルイ16世、マダム・ポンパドゥールなどなどのディナー皿、デザート皿、ラヴィエが多分40枚くらいはあった)を見つけて、はやる気持ちでマリー・アントワネット柄を探しました。




blog46.jpg

クラシックな、というか花柄が古臭いディナー皿。




blog45.jpg

プリントのかすれもない良い状態のデザート皿。




blog32.jpg

プリントのはがれを気にしてしまうのでやはり実用的ではなく飾り用です。
縁のデザインは違うけど全てSt-Amand製。

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

6 Comments

さくら says..."No title"
チラっと写っているキャニスターのセットがすてきですね!夏場のツーリストのマルシェ(大規模なマルシェは金曜日ですが、火曜日に近隣から売りに来る夏場のマルシェがありました)で、マカロンを売っていて、この写真を見て、懐かしく思い出しました。
2014.07.31 13:50 | URL | #UUQ0yeLk [edit]
Mica says..."Re: No title"
さくらさん、こんにちは。
写真のキャニスター、あまり見かけない黄色と黒のデザインで素敵でしたよ。
さくらさんはブルゴーニュにいらしたんですよね、先週末ブルゴーニュの小さな村々を旅してきました。マカロンも食べましたよ(マルシェではなかったけど)。同じ所だったりして?ブログにもそのうちアップしようと思ってます!
2014.07.31 22:42 | URL | #- [edit]
riko says..."いつも楽しみにしています!"
Micaさま、はじめてコメントさせていただきます。コメントは初めてなのですが、フランスのアンテークの検索をしていてMicaさんのこのブログを見つけてから、いつも大変楽しみに読ませていただいています。Micaさんの見つけてくるもの、集められているものは、毎回とてもセンスがよくて、ほんとにほれぼれとしているんですよ!

私もいろいろな所を巡って、古いものだけれど心が揺すぶられるものに出会うのが大好きです。私の住むニュージーランドには、マーケットやチャリテイーショップ、アンテークのお店で見つけられるほとんどのものがイギリスのものなので、Micaさんのフランスのアンテーク、ビンテージものの画像が見られたり、その物についてのお話を読むのがとても楽しみです。

ほとんどすべての記事をコメントなしで拝見させていただいていたので、今日は是非この感動をお伝えしたいと思いました。ありがとうございます。
2014.08.03 08:22 | URL | #- [edit]
Mica says..."Re: rikoさま、コメントありがとうございます!!"
rikoさま、はじめまして。
こちらこそ嬉しいお言葉の数々ありがとうございます!

フランス人は保守的で便利な物を嫌う傾向があって、古い物を修理しつつ使う人が多いせいか古い物がまだまだたくさん残っています。今の時代でも十分使える物が多いので生活で使える物をと思って集めています。

rikoさんはニュージーランドにお住まいなのですね、ニュージーランドのマーケットやアンティーク屋、どんな物が置いてあるんでしょう、イギリスの物だったらやはり磁器類が多いのでしょうか?行ってみたいです。色んな国の古い物興味あります!
2014.08.03 15:10 | URL | #- [edit]
riko says..."No title"
micaさま、お返事のコメント大変嬉しく読ませていただきました。ありがとうございます。

知り合いにフランス人の方がいて、その方のお母様がフランスで亡くなった後に、形見として譲り受けた100年を越すテーブルとイスをニュージーランドに持って来て現在使われているんです。素敵だなあといつも見ていましたが、これが形見で家族の間でずっと使われて来たものだったことを聞いてうなずけました。フランスから国外へこのようなアンテークものを持ち出す時には、たとえ個人のものでも国の文化財産として政府の許可を受けなくてはならないのだそうです。

そのテーブルやイス、タンスなどもあり、それを大切に使っているそのお友達の姿や言葉を聞くと、micaさんのおっしゃられている古い物でも大切に使うフランスの人たちのことがよく理解できます。そしてまたそのようなものを譲り受け大切に使われているmicaさんも素晴らしいですね。

ニュージーランドのオークランド(首都ではありませんが一番大きな街です)に住んでいますが、こちらでよくみられるのは、micaさんが言われているとおりです。ロイヤルドルトンやロイヤルアルバートなど。紅茶用のカップ、ソーサー、ケーキ皿がセットになったトリプルセットも多いようです。私は少ないながらもフランスのものを探します。見つけると大喜び。その他には、ボーンハンドルや、シルバーの古いカトラリーや紅茶用の小物類、リネンなどでしょうか。只今集めているのは、ロイヤルドルトンからでているビンテージもののbunnykinsという赤ちゃんへ記念に送るカップ類です。うさぎが、とってもかわいいんですよ。

micaさんが、いつだったか、箱に無造作に入れられているものから見つけたり、購入してきたものを時間をかけて洗い綺麗にしているというのを読んだ時、とっても親近感を感じました!私も同じことをするからです。それがとっても楽しくてたのしくて。。。

という感じで。。。また楽しく読ませていただきますね!長いコメントになりました。では、またコメントさせていただきます。
2014.08.10 13:57 | URL | #- [edit]
Mica says..."Re: No title"
rikoさん、コメントありがとうございます!
古い家具が次の世代へ受け継がれて大切に使われている、しかも外国で、と想像するだけでそのご家族のつながりや思いが伝わってくるお話ですね。

ロイヤルドルトンのbunnykinsってどんなものだろうと検索してみたら、見たことのあるうさぎ柄でした!
温かみがあって可愛らしい絵柄ですね!パリのプロが出店している蚤の市ではイギリスの磁器類も時々見かけますが、私が行く郊外の一般市民市民参加のフリーマーケットではほぼ皆無ですが、見過ごしていただけかもしれないので次回からはbunnykinsないかな?って頭に入れてブロカント回ってみようと思います。

人が使った中古品に拒否反応示す人も結構いると思うのですが、rikoさんも古い物に思いを寄せて綺麗にされてるんですね、共感できる方がいて嬉しい!!私も汚れを落とす作業が楽しくて仕方ありません!

とりあえず次回、bunnykins見つけたいです。子供に使って欲しいなぁ。素敵な物教えていただいてありがとうございました!!


2014.08.11 17:48 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mapetitebrocante.blog.fc2.com/tb.php/85-41d9df76