Ma Petite Brocante

フランスのブロカントで訪れた街、ブロカントで見つけたお気に入りの紹介、フランス各地を訪れた旅の記録。
MENU

Tournan・アジュマン首長国発行フランス王家の切手

2014年9月14(日)、この日は77県だけでも50ヶ所ほどでブロカントが開催。
小規模な所を3~4ヶ所回ろうと思っていたら、2ヶ月間のヴァカンスから戻ったばかりの義両親から昼食のお誘い、という事で午前中に2ヶ所のみ。

blog87.jpg

1ヶ所目のTournan-en-Brieで見つけたのはアジュマンという、7つあるアラブ首長国連邦(UAE)の中で最も小さな首長国で発行された、フランス王家の肖像画の切手。
色からしておもちゃっぽいが、実際に使える切手です。




blog88.jpg

ブルボン家のルイ16世とマリー・アントワネット、その息子ルイ17世。





blog91.jpg

こちらはブルボン家の前の家系、ヴァロワ家の方々。
上段は、フランソワ1世とクロード妃(フランスの夏の果物でレーヌ・クロードというプラムの名前はこの妃が由来。
レーヌは王妃の意味)。

中段は、アンリ2世とカトリーヌ・ド・メディシス。

下段は、その子供達。(フランソワ2世、シャルル9世、アンリ3世、マルグリット・ド・ヴァロワ)

このヴァロワ朝が栄えたルネッサンス期、特にカトリーヌ・ド・メディシスの時代は陰謀、裏切り、毒殺、ドロドロしていて面白い。






blog89.jpg

フランスで最も人気のある王様、ブルボン家の始祖・アンリ4世と最初の后、マルグリット・ド・ヴァロワ通称王妃マルゴ(アンリ2世とカトリーヌの末娘)。






アレクサンドル・デュマ原作、イザベル・アジャーニ主演映画「王妃マルゴ」の印象が強い「フランスの真珠」と呼ばれた美貌の持ち主。
シャンティイ城で肖像画を見ることが出来ます。





blog90.jpg

アンリ2世とカトリーヌの長男フランソワ2世とその妃、メアリー・スチュワート

10年近く前、イザベル・アジャーニ演ずるほぼ一人芝居の「メアリー・スチュワート」をパリのマリニー劇場に見に行ったことがあるのだけど、演劇、映画、ドラマの主人公になりやすい波乱万丈、悲劇的な人生を辿った王妃。




現在シリーズ2年目の「Reign」というアメリカのドラマシリーズは、このスコットランド女王メアリー・スチュワートのフランス宮廷での生活の様子を描いたドラマでとても面白い。

blog102.jpg

↑左からカトリーヌ・ド・メディシス、フランソワ2世、メアリー・スチュワート。
アメリカ、カナダ、オーストラリアの美男美女な俳優たちの宮廷コスプレがきらびやかで目の保養に良い、のだけどイメージが全く違う!!

衣装や髪型、装飾品はルネッサンスぽくないし、実際の舞台は森に囲まれたパリ郊外のサンジェルマン・アン・レイ城なのに、海(湖?)のほとりのスコットランドの城で撮影、史実はほんのちょっとで思いっきりフィクションという歴史ドラマとしては突っ込みどころ満載。

しかしそれを踏まえた上で見ると、カトリーヌ・ド・メディシスはじめ、ノストラダムスなどフランス宮廷に関わった登場人物たちが織り成すドラマが興味深い。

それにしても、なんでフランスとは関係なそうなアジュマンでこんな切手が発行されたんだろう?!
調べて見たけど答えは見つからず…。
そもそもこの切手を手に入れるまでは、アジュマンという首長国の存在さえ知らなかった。

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mapetitebrocante.blog.fc2.com/tb.php/98-2aec17de