Ma Petite Brocante

フランスのブロカントで訪れた街、ブロカントで見つけたお気に入りの紹介、フランス各地を訪れた旅の記録。
MENU

ロワール~ブルゴーニュの旅⑨Bourges ジャック・クールの館

ブールジュで一番楽しみしていたジャック・クールの館へ。

bourges6.jpg

ジャック・クール(1400年頃ブールジュで生まれ、1456年キオス島で死去)の彫像があるジャック・クール広場に面した、ジャック・クール通りに建つジャック・クールの大邸宅。

1443~1451年に建てられた中世後期のフランボワイヤン様式で、ガロ・ロマン時代の遺跡の上に建つ。





bourges7.jpg

通りに面したファサード、装飾が豪華です。
偽の窓から顔を覗かせるのはもちろんジャック・クール。

ジャンヌ・ダルクと同時代、毛皮商の子だったジャック・クールは、貨幣鋳造や金銀細工師の奉公に出たあと、地中海貿易で財を成し、国王シャルル7世の財務卿にまで登りつめるが、国王の妾、アニエス・ソレル殺人罪や公金横領罪などにより邸宅完成前の1451年に逮捕。

ヴォー・ル・ヴィコント城を建てたニコラ・フーケも国王を凌ぐ豪華な城を建て、ルイ14世により公金横領罪で逮捕されたけど、似ている。





bourges22.jpg

こちらの女性はブールジュ市長の娘で、ジャック・クールの妻、Macée de Léodepart。





bourges8.jpg

帆立貝(フランス語でコキーユ・サン・ジャック)と、ハート(心臓クール)が彫られている。
なんとも分かりやすい、ジャック・クールの家紋だと思うけど、邸宅内至る所にこのマークが見られる。

  



bourges9.jpg

ジャック・クール逮捕後は、1457年に親族に返還された後いろんな持ち主に渡り、最後の持ち主ルイ14世の財務総監コルベールが1682年にブールジュ市に売却。





bourges24.jpg

中庭。





bourges10.jpg
La salle des festins

レセプション会場となってる広間。
上部の窪みで、音楽隊が演奏していた。

外側も内部も、ドアの上部とかフランボワイヤン様式の装飾だらけ。





bourges11.jpg

鍵も、取っ手の付け根も、ハート。





bourges12.jpg

トイレもあります。





bourges13.jpg

トイレの仕組み。
結構な高さから落ちていく・・・。





bourges28.jpg

Salle des festinsの横には、配膳室やかまどがある台所がある。
台所の床で薪を燃やし、蒸気が隣の部屋に行くようになっており、蒸し風呂として利用。

この時代、庶民は公共の蒸し風呂を利用し、上流階級の家や城では自宅に蒸し風呂のシステムがあった。





bourges14.jpg

ブールジュ市のものとなり市庁舎として使われた後は、1820~1830年までは裁判所となった。
その間に家具・調度品は取り払われて暖炉しか残っていない状態に。
暖炉上にもハートと帆立貝が連立。

6月~10月1日までGeorges Jeanclosという彫刻家の作品が館内に展示中でした。





bourges16.jpg

1869年に修復された礼拝堂。
ステンドグラスの写真がないけど、ブールジュの大聖堂にあったものと同じ、百合紋とハートのデザイン。





bourges15.jpg

天井には20人の天使たち。





bourges17.jpg

船底をひっくり返したような天井に、大きな暖炉が2つあるギャラリー。





bourges23.jpg

石むき出しの簡素な印象の部屋、華美な礼拝堂に、重厚な木の天井と赤と黒のタイルのギャラリーと、なんだか統一性のない内部だったけど見応えありました。




bourges27.jpg

外に出てもう一度ファサードを眺めてみる。
百合紋とハートの装飾があるのは、礼拝堂のステンドグラス。
その下の窪みには、シャルル7世の騎馬像が置かれていた。

国王への忠誠心の表れなのだろうけど、国王と自分たち夫妻の像を同じ壁に配するところや、これでもかというほどの帆立貝とハートを見ると、野心家でかなり自己顕示欲の強い人だったんだろうと思う、そうじゃないとここまでの富は築けないか。

Palais Jacques Coeur
10 Bis Rue Jacques Cœur
http://www.palais-jacques-coeur.fr/
入館料 8€ (26歳以下 無料)
時期により開館・閉館時間が異なるので要注意(閉館45分前にチケット売り場は閉まります)





bourges5.jpg

ジャック・クールの生家と言われている15世紀の建物。
現在はパブ・ジャック・クールとして営業中。
La Maison natale de Jacques Cœur
Rue d'Auron
18000 Bourges

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ

ロワール~ブルゴーニュの旅➇Bourges

フランスのほぼ真ん中、サントル・ヴァル・ド・ロワール地域、かつてのベリー地方の中心、ブールジュ。

bourges3.jpg

3世紀には司教座がおかれ、ベリー公ジャン1世(1340~1416年)の時代に最盛期を迎えます。

1992年に「ブールジュの大聖堂」としてユネスコの世界遺産に登録されたサン・テチエンヌ大聖堂。
1195~1255年にかけて建てられたゴシック建築。
奥行124メートル、幅41メートル。





bourges.jpg

大聖堂南側には美しい大司教庭園が広がっている。




bourges4.jpg

中央扉のパンタン。
「最後の審判」、13世紀のまま残っています。





bourges2.jpg
Le Vitrail de l'Assomption

くっきりした赤が印象的なステンドグラスが多い。
これは1619年制作のステンドグラス。
ベリー地方の総督で、のちのルイ13世時代の将軍、フランソワ・ドゥ・ラ・グランジュ・モンティニー(François de la Grange-Montigny)の祈る姿。
1617年に亡くなり、この大聖堂に埋葬されているらしい。





bourges1.jpg
Le vitrail de l'Annonciation

シャルル7世の財務官を務めた金銀細工商ジャック・クール(1400~1456年)により、1450~1451年に設置されたシャペルのステンドグラスは15世紀のもの。

フランス王家の百合の紋章と、ジャック・クールの家紋2つのハートが見えます。





bourges18.jpg
「Passage casse-cou」 Rue Mirebeau /Rue Edouard Blanly

大聖堂を出て街歩き。

ミルボー通りと、その上のエドゥアール・ブランリー通りを結ぶ階段、「Passage casse-cou」。
両サイドは雨水が真っすぐ流れるように雨樋みたいに彫られている。

昔々は、天国と地獄を結ぶ階段と言われていたそうで、地獄がミルボー通り、天国がエドゥアール・ブランリー通り。
結構、急な傾斜なので、地獄に真っ逆さまに落ちるさまを想像させるからこう言われていたのだろうか?





bourges19.jpg

現在木組みの家は400軒ほど残っているそう。
地上階がほとんどカフェやレストランとなっている木組みの家々があるのはゴルデーヌ広場 (Place Gordaine)。
右端の家の屋根、どうなってるの?というくらい平べったくて尖っている。





bourges20.jpg
Rue bourbonnoux

ゴルデーヌ広場から大聖堂に向かって伸びる坂道、ブルボヌー通り。






bourges21.jpg
37 Rue Bourbonnoux

ブルボヌー通り37番地、扉の上には火を噴く緑のドラゴンの装飾。

観光案内所でこの家の写真を見て、是非見たいと思っていたのに住所を聞き忘れ、歩きながら検索するけど画像からは「37番地」としか分からず。

でもブルボヌー通りに入った途端、ここにありそう、木組みや装飾の凝ったファサードが多くて、絶対にある!と確信して37番地に急ぐと、ありました!!
なんだかユーモラス。





bourges25.jpg

大聖堂付近やゴルデーヌ広場のカフェが数軒オープンしていたけど、夏休みでしかも日曜だったからか、店という店は閉まっていて、人通りもなく静か。

子供達のおやつを買うのにパン屋を探したけど、開いている店を一軒も見つけられなかった。
人口7万人弱の大きな街なのにひっそり静か。





bourges26.jpg

装飾が凝っているドアや窓枠が多く、この通りから一歩入ると細い路地があったり、路地の奥にはガロ・ロマン時代の城壁が残っていたりと、寄り道が多くてなかなか通りの端に辿り着けない楽しい通りでした。

ブールジュ観光案内所
http://www.bourgesberrytourisme.com/
21 Rue Victor Hugo
18000 Bourges

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ

ロワール~ブルゴーニュの旅⑦Aubigny-sur-Nère

ここからは今更ですが、8月下旬に行った夏休みの旅行第2弾ロワール・ブルゴーニュ地方の記録です。

2017-08-31_10h42_40.png

7月下旬のルートより更に一回り大きく回ったという感じで、オービニー・シュル・ネール、ブールジュ、ヌヴェール、ラ・シャリテ・シュル・ロワール、ゲドロン城、ジョワニー、サンスを訪れました。

一か所目はロワール地方、オービニー・シュル・ネール。

aubigny1.jpg

剣が刺さった噴水前に、現在は市庁舎となっている城が建っています。





aubigny2.jpg

1423年、百年戦争の頃、国王シャルル7世がスコットランド貴族のジョン・スチュワート・ド・ダーンリー(John Stuart de Darnley)にこの村を授けた。
以降4世紀に渡ってスチュワート家が領主だったため、今でもスコットランドの名残がある街。
パン屋にはスコットランド名物ショートブレッドが売られていました。





aubigny10.jpg

城の一部は見学可能、でもがらんとしていて見るべきものは何もない。

中庭はよく手入れされていて気持ちの良い空間です。





aubigny.jpg

城の横に伸びるメインストリート。
日曜の正午頃、レストランやカフェは開いていてとても人通りが多かった。





aubigny3.jpg

メインストリートから1歩入った通り、面白い建物を見つけました。





aubigny4.jpg

1847年から歴代金物屋 ( Quincaillerie )を営む家。




aubigny11.jpg

家の柱頭の装飾は金物屋にちなんだ道具が彫られていて(のこぎりや釘、トンカチなど)面白い。





aubigny5.jpg

メインストリートに建つ「フランソワ1世の家」(La maison François 1er)。
1519年に建てられた。





aubigny7.jpg

窓枠や柱頭の装飾が凝っている。
現在は芸術家たちの展覧会の場所となっている。





aubigny8.jpg

観光案内所の向かい側、木組みの家が並んでいます。





aubigny12.jpg

1512年の大火災で村中の建物が消失、1519年に近郊から切り出した木材で木組みの家々を復興した。





aubigny6.jpg

観光案内所そばの庭には、イギリスで見る公衆電話ボックスが…。





aubigny9.jpg

小川が流れていて遊歩道もあります。
街中にはたくさん無料の駐車場があって便利。
城のそばには大きな公園があってピクニックもできるし、観光案内所の向かいの通りを奥に進むとトイレもある大きな駐車場がある。

見るべきものはメインストリートに集中しているので、街の散策はすたすた歩けば1時間もあれば充分。

オービニー・シュル・ネール観光局 (Office de Tourisme Sauldre Sologne ) 
http://www.berryprovince.com/
1 Rue de l'Église
18700 Aubigny-sur-Nère

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ

フォンテーヌブロー散策

数か月も前のことですが、今年の夏休み中、天気の良い日は良くピクニックしにあちこち出掛けました。



この日はちょっと遠出して久しぶりにフォンテーヌブローへ。




fontainebleau9.jpg
Cour d'Honneur
街ではマルシェが開かれていたので食材を調達して、フォンテーヌブロー宮殿の庭へ。






fontainebleau2.jpg

12世紀頃から王族の狩りの館として使われていて、1528年にフランソワ1世がルネサンス様式の現在の宮殿に建て替えた。
フランソワ1世がレオナルド・ダ・ヴィンチをフランスに迎え、フランス・ルネッサンスの中心となったのがここフォンテーヌブロー。





fontainebleau3.jpg

この馬蹄形の階段は、1814年ナポレオン1世が退位後、近衛兵に向かって最後の演説をし別れを惜しんでエルバ島へ流されていった別名「別れの階段」。

1500もの居室があるフランス最大の城。
既に5~6回内部見学しているので今回は外のみ。
内部のセーブル焼きのコレクションとか、家具調度品は豪華で素晴らしい。






fontainebleau4.jpg

階段の扉の上にはフランソワ1世の彫像。





fontainebleau6.jpg

階段そばの門をくぐり抜けると、「Cour de la Fontaine 泉の中庭 」に出ます。





fontainebleau7.jpg

城の中は何度も見学しているのに、中庭や庭園は初めて。

正面からは見えないけど奥にもこんな広い空間が広がっていたなんて知りませんでした。





fontainebleau11.jpg

「Etang aux Carpes 鯉の池」。

アンリ4世がロレーヌ公から贈られた60匹の鯉を放したことから名付けられた。
今でもたくさんの大きな鯉が泳いでいます。






fontainebleau8.jpg

ル・ヴォーとル・ノートルによって造られた「Grand Parterre パルテア大花壇」。

この先には更にアンリ4世が造った全長1200メートルの大運河があるらしいが、さすがにそこまで行く力はありませんでした。





fontainebleau10.jpg

馬車に乗っての敷地内散策も出来る(約20分の散策で大人7,50ユーロ、子供5ユーロ)。
観光トランの発着も宮殿の正面入り口に。





fontainebleau1.jpg

「鯉の池」の中にはあずまやもあり、白鳥やカモが泳ぎ、時々列を作って散歩道を渡るカルガモの親子が可愛らしかった。

ピクニックはこの池のほとりで。
日差しは強かったけど、散歩道には木がたくさんあり気持ち良い。





fontainebleau.jpg

宮殿の尾翼の裏には「Jardin Anglais 英国庭園」。





fontainebleau12.jpg

「Jardin de Diane ディアナの庭園」には、狩りの女神・ディアナ(ダイアナ)の像。

ディアナはよく絵画や彫像の主題にされてるけど、ヴァロワ家ゆかりの城でそれらを見ると、フランソワ1世の次男、アンリ2世の20歳も年上の愛人、ディアヌ・ド・ポワティエを連想してしまう。

Chateau De Fontainebleau
Place Général de Gaulle
77300 FONTAINEBLEAU

7、8月を除く毎月第一日曜は無料。
★4つの美術館のうち、「ナポレオン1世美術館」は2018年2月10日まで工事の為閉館中。





fontainebleau14.jpg

ピクニックを終えて庭を散歩して、中心部へ。
レストランやカフェ、ブティックがたくさんあって、結構大きな街。





fontainebleau13.jpg

フォンテーヌブローに来たら必ず寄るパティスリー、フレデリック・カッセルでケーキを調達し、再び宮殿に戻り、中心部からいちばん近い「ディアナの庭園」でおやつ。

フレデリック・カッセルは世界最高レベルの菓子職人が集まる「ルレ・デセール」の会長。
パリに支店はないけど、東京と京都には支店がある。
地味な外観だけど、中は明るく、お客さんがひっきりなしで活気があります。

スペシャリテはパイ生地にバニラクリームの伝統的なミルフィーユ。

Frédéric Cassel
71 Rue Grande
77300 Fontainebleau

営業時間  
日曜 7時~13時半
火曜~金曜 7時半~19時半
土曜 7時~20時

定休日 月曜 






fontainebleau5.jpg

今回はチーズケーキ(左上)、ピスタチオが土台のイチゴのタルト(右上)、レモンタルト(左下)、杏子のコンポートやクリームを重ねたミルフィーユ(右下)、各5ユーロ。

どれも美味しかったけど、特に杏子のミルフィーユは軽くて杏子がレモンみたいな甘酸っぱさで美味しかった。





fontainebleau15.jpg

アイスやショコラ、パンもあって、特にショコラは「SAKURA」やお茶など日本に店を構えているパティシエらしいものがあってお勧めです。

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ

St-Augustinのブロカント・ディゴワンのバラ柄スープ皿と深皿

2017年10月15日(日)、再び夏のような陽気の週末で、暑くて半袖で大丈夫なほど。
それも束の間ですぐに冬の寒さに戻りました。



初めて訪れた街、77県のサン・トーギュスタン(Saint-Augustin)。





st augestin

9月からあちこちで「リンゴの収穫祭」が行われているけど、ここでは収穫祭と同時にブロカントが行われていました。
このトラック、後方にりんごを入れると、中央の蛇口からりんごジュースが出てくるという搾汁車。





st augestin2

りんごを入れているところ。
絞ったジュースは2リットル3ユーロで販売。
もぎたての小振りで形がいびつなリンゴもケースで飛ぶように売れていました。





pomme1.jpg

我が家も1ケース買ってきて、さっそくリンゴのクランブルを作りました。





st augestin1

ブロカントは古い物を扱っているスタンドが多くて楽しかった。





digoin9.jpg

収穫は少し深さのある皿3枚と、スープ皿6枚。





digoin3.jpg

フランスの古い食器で、一人用のサラダボウルみたいな皿って見掛けたことがない。
深さのある食器というと大きなサラダボウルとか、スープを入れるスーピエールならあるけど、一人分に最適な小振りなこの皿は重宝しそう。






digoin6.jpg

マークが全く入っていないのでどこの窯かは分からないけど、ボルドー色のステンシルは古そうです。







digoin8.jpg

上記の皿とお揃いかのように同じスタンドに並んでいたディゴワン・サルグミンヌのスープ皿。

スープ皿はもう要らないくらい持っているけど、6枚揃って良い状態だし値段次第では買おうと思っていたら、おまけでくれると言う。
え?6枚全部?と聞き返したら、持っていって!と言うので遠慮なくもらうことに。
なんと太っ腹なおまけ。
お金儲けより、家の中をスッキリ片付けたい人に当たるとこういう嬉しいことが起こる。





digoin_20171016005609cd7.jpg

モデル名は「MICHEL ミシェル」。

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。