Ma Petite Brocante

フランスのブロカントで訪れた街、ブロカントで見つけたお気に入りの紹介、フランス各地を訪れた旅の記録。
MENU

ロワール~ブルゴーニュの旅③Sully-sur-Loire城⑵

シュリー・シュル・ロワール城の続き。

sully sur loire11
Antichambre

城主からの呼び出しを待つための控えの間。
17世紀のタペストリーが飾られている小さな部屋。





sully sur loire12
Chambre de la tour carrée

17世紀にはシュリー公の寝室だった部屋。
1918年の火災で被害があり、以降何度も修復され、現在は18世紀のポーランド式寝台が置かれている。





sully sur loire13

黄色の壁紙に黄色のカーテン、こじんまりした部屋だけど気品があります。





sully sur loire17
Grand salon

17世紀にはマクシミリアン・ド・ベチュヌの寝室だった部屋を含む小さな3部屋を、19世紀になって招待客の為にサロンに改造された。





sully sur loire15

18世紀の家具がとっても豪華で、天井の装飾も見応えがある。





sully sur loire16

金箔が豪華なキャビネにはアンリ4世騎馬像と、ここに滞在したことがあるヴォルテールの本が収まっている。





sully sur loire14

壁紙や布類を見るのも好き。






sully sur loire18
Petit salon

時に寝室としても使われた小さなサロン。
家具はシャルル10世様式。
オレンジピンクとパステルイエローの組み合わせが可愛らしい。





sully sur loire19
Salle à manger

ピアノが置かれている19世紀の食堂。





sully sur loire20

ピアノの反対側は、シュリー公の紋章のレリーフが装飾されている暖炉。





sully sur loire21

ちゃんとテーブルセッティングもされています。





sully sur loire22

内部の見学を終わると中庭に出る。

塔があるお城はやっぱり素敵です、「眠りの森の姫」など童話の世界に入り込んだ気分になります。





sully sur loire23

この城には1429年6月21日と22日に国王シャルル7世に招待されたジャンヌ・ダルクが滞在し、その後も1429年12月から1430年3月に渡り度々訪れている、との石版。





sully sur loire29

お堀に架けられた木製の橋を渡ると街の中心部へも行けるし、お堀をぐるっと回って城の外観を堪能できます。





sully sur loire25

どの角度から見ても美しい城です、見飽きません。

中世の城塞の様子も見つつ、貴族の住居としての家具・調度品が充実していてとても見応えがあって良い城でした。





sully sur loire27

城のすぐ横にはロワール河が流れていて、夏休みの間「シュリー・プラージュ」が開催中で、子どもたちが遊べる遊具がたくさんありました。

宿泊したホテルの隣の魚屋さんが20時からムール貝とフリットを屋台で出すというので、夕食にそれもいいかと思ったけど、結局バゲットやお惣菜を調達して城の庭でピクニック。

18世紀頃はフランス庭園があったようだけど、現在は立入り可能な芝が広がっているだけで、みなさんピクニックしたり、ジョギングしたり・・・。
城を正面に見ながら食べた後は寝転がってのんびり過ごしました。

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ

ロワール~ブルゴーニュの旅②Sully-sur-Loire城⑴


 
ロワール河沿いに建つシュリー・シュル・ロワール城へ。





sully sur loire

水を湛えた堀に建てられていてとっても優美な印象。





sully sur loire26

11世紀には既に城は建っていて、1602年にアンリ4世の宰相であったマクシミリアン・ド・ベチュヌ ( Maximilien de Béthune 1559-1641 ) が領主権を買い取ります。
1606年に公爵の称号を受け、領地の名前からシュリー公となり、以降4世紀に渡り歴代のシュリー公の居城として使われていた。

1928年に歴史的建造物に指定、1962年に所有者がシュリー公からロワレ県に移り、修復工事が行われ一般公開されるようになりました。






sully sur loire28

街の中心部にある病院の中庭に建つマクシミリアン・ド・ベチュヌの彫像。






sully sur loire1
Grande salle basse

シュリー公の彫像に、14世紀後半の大きな暖炉がある大広間は、かまどがある台所とつながっていて、給仕人や料理人の仕事場として使われていた。






sully sur loire3
Salle de l'assommoir

シュリー公の執務室。






sully sur loire2

外観のイメージから、内部には幅の広い優美な階段があるかと思いきや、中世の要塞として建てられた城なので、一人が通れるだけの小さな石の螺旋階段ばかりを登ったり降りたりして次の間へ移動。

ドレスを着た17世紀以降のご婦人方はたいそう歩きにくかったんじゃないかと思う。





sully sur loire4
Salle d'Honneur

歴代のシュリー公や家族の肖像画がずらりと飾られているのは300㎡もある大きな広間。






sully sur loire5
Chambre du roi

鮮やかなブルーの豪華な天蓋ベッドの寝室はアンリ4世の為にしつらえられた、が、アンリ4世は一度もこの城を訪れることはなかったそうだ。

1652年3月、フロンドの乱の際にアンリ4世の孫ルイ14世が2日間滞在。






sully sur loire6

宰相はアンリ4世の肖像画まで飾って準備万端だったのに。




sully sur loire9
Chambre de Psyché

「プシケの寝室」と呼ばれるシュリー公爵夫人の寝室。
木工細工や装飾、金箔、床は2007年に18世紀の居室を連想して修復。

ギリシャ神話のプシケの物語のタペストリーは17世紀はじめのもの。

真っ赤な寝台に、椅子にはドレスも置かれ、調度品もため息もの。
「プリンセスのお部屋」と興奮する娘を次の部屋に移動させるのが難しかった。
ヴェルサイユ宮殿に連れて行ったら1日動中かないかもしれない。






sully sur loire10

寝台や家具、調度品は18世紀のもの。





sully sur loire7
Chemin de ronde

塔と天守閣を繋ぐ細い通路。
弓矢を引く為の「矢狭間」がある。





sully sur loire8
Charpente

屋根裏。
建物の骨組みまで見れて面白い。
材木の3/4が15世紀の栗の木のオリジナルというとても良い保存状態。

Chateâu de Sully sur Loire
Chemin de la Salle verte
45600 Sully-sur-Loire

長くなりそうなので次回も城の続きです。

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ

ロワール~ブルゴーニュの旅①Gien

今年の夏のヴァカンスの旅の記録です。
7月下旬にロワール河沿いのジアン(Gien)とシュリー・シュル・ロワール(Sully-Sur-Loire)、ブルゴーニュ地方のサン・ファルジョー(St-Fargeau)、オクセール(Auxerre)を訪れました。

map.png





gien6.jpg

先ずはジアンの街散策。
ジアンといえば陶器。
工場兼アウトレットのブティックもあるし、いつか工場見学したいと思っていたけど、今回は街歩きのみ。





gien.jpg

この光景が見たくて、街の中心部の対岸、ロワール河左岸に車を停めて橋を渡ります。

ジアン城とジャンヌ・ダルク教会が隣り合わせで建っていて、遠くから見るとひとつの巨大な建物に見えて圧倒的な存在感。

とても素敵な光景だけど、もう少し左に目を向けると原発があって、原発のコンクリートの建物から煙がもくもく上がっているのが見えるのがちょっと残念。
世界遺産にもなっているロワール川だけど、原発が連立しています。





gien12.jpg

橋はルイ9世によって造られたものを、1734年にルイ11世の娘・アンヌ・ド・ボージュー(Anne de Beaujeu)が12のアーチを持つ石造りの橋へと修復した。





gien11.jpg

橋を渡るとジアン城へ登る階段のある広場に出ます。




gien1.jpg

広場の横にはメインストリートがあって、お昼過ぎた時間だったのでブティックは昼休み中で開いているのはカフェやレストランだけ。

通りを進むと観光局や、街で一番古い「アリックスの家(La maison des Alix) Place Jean Jaures 45500 Gien」があります。
家の周りは道路工事中のあおりを受けて、保護のためか一部シートがかけられていたり、写真に撮るのもどうかと思うほど崩れ落ちそうな様子でした。





gien9.jpg

通りにはジアン焼きのタイルの標識があって探しながら歩くのが楽しい。




gien7.jpg

濃い青やえんじ色が美しい。





gien8.jpg

城へ向かって階段を上っていくと、煉瓦の煙突や屋根、橋、ロワール河が見渡せて見晴らしが良い。





gien4.jpg

1482年に建設が始まったジアン城は現在は狩猟博物館になっています。
狩猟と聞いただけで大体のイメージは掴める、興味がないので外観だけ。


狩猟自然博物館
Château-musée de Gien : Chasse, histoire et nature en Val de Loire
45500 Gien



gien5.jpg

1461年に生まれたアンヌ・ド・ボージューは、1473年に12歳でピエール・ド・ボージューと結婚します。

1483年に父・ルイ11世が亡くなると、国王になるには幼すぎる実弟シャルル8世の摂政を1491年まで務めます。
8世紀に要塞として建てられたジアンの城はその頃ルネサンス様式に改修された。

幾何学模様のレンガ造りなのだけど、フリー・メイソンの模様に見えるところもあってちょっと不気味。

百年戦争時代にはシャルル7世が、その後はフランソワ1世やカトリーヌ・ド・メディシス、シャルル9世、フロンドの乱の時にはルイ14世もこの城に滞在している。





gien3.jpg

城の横にはジャンヌ・ダルク教会。

ジャンヌ・ダルクがオルレアンを開放し、フランス軍が1429年6月29日シャルル7世(在位1422~1461)の戴冠式(1429年7月17日)のためランスへ向けて進軍を開始したのがここジアン。

教会の中の柱頭には、ジャンヌ・ダルクの生涯が彫られていたのが興味深かった。(暗くて、高い所にあるため写真は上手く撮れていませんでした、残念。)

Eglise Jeanne d’Arc
5, place du Chateau 45500 Gien




gien2.jpg

教会の外壁には、1972年に制作されたジアン焼きの陶板。

ジャンヌ・ダルクが1429年にここに4回来たことが記されています。

このあと訪れたシュリー・シュル・ロワールの城と、サン・ファルジョーとオクセールにもジャンヌ・ダルクは訪れていて、なんだかジャンヌ・ダルクの足跡を辿っている気分になりました。





gien10.jpg

川幅の広いロワール河。  






1866年7月27日の洪水の時には7メートル以上の高さまで水かさが増したと橋のたもとや、対岸の家の壁に記録が残っていました。
これだけ大きな川が氾濫するなんて脅威。

ジアン窯の工場や城の内部を見学しなかったので、街散策はゆっくり歩いても一時間位あれば充分な小さな街です。

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ

メタルのRentilly城・文化公園散策

この夏よく子どもたちとピクニックに行っているのは、77県のビュッシー・サン・マルタンのランティイ文化公園。



パリから東に30Km。





rentilly_20170822011749aba.jpg

ごくごく普通の城の入り口なのですが…、





rentilly1.jpg  

現代アートセンターとなっている全面にメタルが張られた斬新な城を中心に、アトリエや資料館があり、54ヘクタールもの広大な緑の敷地が広がっています。

昨年夏から何度も行ってるけど、展覧会がない時ばかりで、これまで城の中に入る機会が一度もないのが残念。




rentilly2.jpg

元々はごく普通の18世紀邸宅風の城だったのが、文化省とイル・ド・フランスのモダンアート協会、県が買い取り、コンペティションにより2011年にアーティストXavier Veilhanのデザインでメタル・イノックスの素材で覆われてしまった。

初めて見た時はもったいないと思ったけど、何度も見ると慣れてきたのか自然の中に溶け込んでいるかのよう、こんな城が一つはあってもいいかもと思えてきたから不思議。




rentilly1_201708220117506e0.jpg

2009年、Xavier Veilhanのエキスポジションでヴェルサイユ宮殿の庭園内に飾られていた像、今ではここの敷地内にあります。





rentilly6.jpg

城の正面には池や階段状の滝があるフランス庭園。
その奥に英国風庭園があるようだけど、まだそこまで行ったことがありません。

野生の鹿が時折、ピクニックしている人たちの間を走り抜けて行くことも・・・。





rentilly.jpg

城の裏手は大きな木が植えられ、芝が広がっている。
1819年に当時のランティイ領主だったオランダ領事のIsaac Thuret が植樹を開始して英国庭園ができた。
その後も所有者が変わっても木は植え続けられた。

網を張ってバドミントンしたり、ボール遊びに凧揚げ、疲れたら寝転がって食べて・・・と、1日のんびりできます。
とにかく広くて、人が少ないので広々使えて快適です。





rentilly4.jpg

資料館となっているオランジュリー。
オランジュリーの手前に駐車場もあるし、無料の自転車貸し出し所もある。





rentilly3.jpg

敷地内には英国風コテージのような建物も。
この建物のそばにトイレもあるので便利。





rentilly5.jpg

オランジュリーの横には崩れかけているけど、ロココ風(ロカイユ)だったであろう泉のあとも。

Parc culturel de Rentilly - Michel Chartier
1 Rue de l'Étang
77600 Bussy-Saint-Martin

パリからだとRER A線のTorcy下車、駅から600メートル。
敷地内にも周辺にもレストランや店はないので要注意。

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ

Craye-Souillyのブロカント/ル・クルーゼのレギュミエ

2017年7月23日(日)、77県の北の方、初めての街クレイ・スイィーのブロカントへ。







craye1.jpg

街の入り口にはウルク運河が流れていて、船も停泊していて良い感じ。
運河沿いをサイクリングする人も多い。





craye2.jpg

パリのサン・マルタン運河までは船で約27Km、のんびり5時間の旅。





craye.jpg

ブロカントは郊外のカルフールの駐車場で開催。
200スタンド位だったけど、半数はロマの家族、プロのスタンドも多かった。





legumier.jpg

ル・クルーゼの直径20センチのレギュミエを見つけました。
ル・クルーゼの中では一番好きな形かもしれない。
耳たぶみたいな取っ手が良いのです。





legumier3.jpg

値段交渉して少しは安くなったものの、まだ高いなぁ、一回りしてる間に考えようか、いや前週は収穫なかったし、8月はヴァカンスでブロカントないし思い切って買おうと決断して正解だった。

買って15分後に再度そのスタンドの前を通ったら、既に店じまいして売り主の夫婦はトラックで去ろうとしているところだった、まだ14時過ぎた頃だったのに。
あの時買ってなかったら後悔するところでした。





legumier1.jpg

外側は赤~オレンジのグラデーション、内側は白。
特に傷もなくコンディション良好。





legumier2.jpg

光にかざすと、菱形の中に直径を記す数字(20センチ)と「LE CREUSET」の文字が見えます。

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ